徒然日記

つれづれなるままに。。

エリート思考撲滅運動

エリート思考。私の母方の親戚が過度なエリート思考で、私はずっと苦しんできたのだが、アメリカに来てからというものの、そのことをすっかり忘れていた。最近好きになった人が、なかなかのエリート思考で、そこで自分の親戚に対する葛藤を思い出した。

私の母は、学歴・経歴に対しては、完全にブランド思考だ。私は子供の頃に、「うちの親戚は、男は東大に入って、女は東大生と結婚している」と洗脳のように言われ続けた。まあ、父は東工大生だが、それも範疇ということらしい。結局、弟は東大の大学院に行ったし、姉は東大生と結婚した。私はこの教育方針に、ずっと懐疑的だった。

私の母方の祖父は、財閥系商社の役員だった。ただ、それはうちの親戚の中では珍しいことではなかった。たびたび行われる親戚会では、財界人や政界人が我が物顔で我が親戚の優位性をスピーチしていたし、親戚一同トップ企業の重役や政界人であることが、非常に重要なことという感じだった。この中で、私もエリートの男性と結婚して、恥ずかしくない人生を送らなくてはならない、そういう気負いがあったし、親の顔に泥を塗るわけにはいかないというプレッシャーもあった。

私の父は、このような世界と無縁の、科学や数学を一途に愛して、好きなことを仕事にすることが一番正しいと主張する頑固ものなのだが、私は父の考え方の方が好きだった。ビジネスや実学を敬遠するのには困るが……。父親と母親の価値観は、いつも相反していた。

母方の親戚は、我々の世代にたくさんプレッシャーを与えてきた。東大に入れなさそうな男子は、その年受験をすることを許されなかったし、私の就職活動も親戚は様々な意見を言ってきたし、なんなら親戚と食事して、財閥系企業のスバラシサを永遠に聞かなくてはならなかった。

私も就活では、さすがにいい会社に入らないとまずいということで、とりあえず総合商社を片っ端から受けたのだが、一つも受からなかった。まあ興味がないから当たり前なのだが、親戚からどう思われるのだろうかとずっと辛い気持ちを抱えていた。

結局、私は自分の興味のあった教育業界に入るのだが、名のない会社に入ったことに対する劣等感はなかなか消し去ることはできなかった。

残りは、結婚で挽回するという方法があったが、そういう親戚に対してビクビクする生き方をすることにどこか懐疑的になっていたし、自分の人生はこのままでいいのかという不安感がずっとあった。

 

結局アメリカに来たら、親戚から解放された自由な思考になった母親の元で生活できて、私も本当に自由になった。

だから、もう日本には戻りたくない。

でも、今の恋愛は、私のこの葛藤を思い起こさせる。

一体この心理的な戦いは、いつまで続くのだろうか。